眼精疲労を緩和するために必要な栄養成分とは何か

男性

目を酷使する生活

目の疲れ

現代社会では、眼精疲労につながることが多いです。パソコンやスマートフォンなどは便利な分、目を酷使する生活をしています。手軽にできるサプリメントや市販のアイマスクを使って、眼精疲労にならないように対策していく必要があります。

View Detail

疲れた目を元気にする

微笑む女性

眼精疲労を予防したりやわらげたりするには、ときどき意識的に遠くを見たり、目を温めたり、眼球を運動させたりするのが効果的です。あわせてブルーベリーなどに含まれるアントシアニンや、緑黄色野菜に多いルテイン、さらに血行改善効果のあるビタミンEやDHAなども摂るとさらに効果があります。

View Detail

現代人に多い症状

目

目の疲れの症状

眼精疲労は、現代人の職業病とも言われている症状です。昨今では、デスクワークでパソコンが欠かせないという方は多いです。また、仕事から帰っても、携帯などでメールを楽しむ方は多いです。このように目を酷使することから、眼精疲労になる方は急増しています。眼精疲労が起こる原因は、目を酷使することで眼球の奥にある筋肉が疲れることによるものです。目をよく使うと、本来自由に動くべき目の筋肉が固まって疲れてしまうのです。眼精疲労が生じると、目のかすみ、充血などのトラブルが起こります。その他にも、肩こり、頭痛、めまいや吐き気など体に関する症状も起きます。また、目が疲れ過ぎて眠れなくなることも有ります。日常生活に支障をきたすこともあるので侮れない病気です。

効果的な食品

眼精疲労を予防するためには、目の疲れを解消する食品を摂ることがおすすめです。たとえば、ブルーベリーの果皮に含まれるアントシアニンは眼精疲労を予防する効果が有ります。というのも、網膜で作られるロドプシンの再合成を助けてくれる作用が有るからです。このロドプシンは、外部からの光を感じて脳に伝える役割をしています。視覚を得るために欠かせない物質で、スムーズに作られることで目の疲れを解消できます。その他にも、ビタミンB群も眼精疲労を予防するのにお勧めです。その理由は、ビタミンB1には酷使された視神経の伝達機能を回復させる作用が有るからです。その他にも、目の充血を防ぐ効果も有ります。アントシアニンもビタミンBもサプリで摂れるので、目を使う方は購入してみると良いです。